節電も節約もできる家を造るための、様々な考え方と方法

節電も節約もできる家に住みたい

節電も節約もできる家に住みたい。これは誰もが理想とする生活スタイルではないでしょうか。それを実現するために最近注目されているのが高断熱・高気密住宅です。ですが性能を高めた住宅となると、住宅設備が高くついたり、機密性を高めるために建築費が高くなってしまいます。節約で回収できる金額なのか……結局はそこが問題になるでしょう。


高断熱・高気密住宅といっても、その方法は様々です。そして地域によっても最適な建物は異なります。自分の暮らしに合わせた、適切な方法を選ぶ事ができれば回収できるものになるはずです。数年では無理でも、10年先、20年先を見れば、結局は安く付くことになるのです。


神社や寺などの日本の古い木造建築は、風通しを良くして自然に逆らわないように建てられています。湿度コントロールで寿命を長くすることができるのです。ですが変わりに冬は寒いという欠点があります。私たちが目指す寿命の長い建物はこのタイプではありません。


高機能な家はメンテナンスできない、見えない部分を考えなければ造れません。これをクリアできると建物の耐久年数が高くなるため、建て替えもコストと考えれば安上がりとさえ言えます。


節電も節約もできる家に住みたい

冬は暖かく、夏は涼しい我が家

冬は暖かく、夏は涼しい家にするために必要な事を紹介

身近なところからコツコツ節約

コツコツ節約していくためには、身近なところから

節電も節約もできる家に住みたい冬は暖かく、夏は涼しい我が家身近なところからコツコツ節約サイトマップ